ロマネスコ 種まき 育て方 調理方法まとめてみました。

romanesuko 150x150 ロマネスコ 種まき 育て方 調理方法まとめてみました。

今話題の珍野菜!

「ロマネスコ」とは?

種のまき方、育て方などなど。

 

スポンサーリンク

ロマネスコって何ですか?

って人のために簡単に「ロマネスコ」の説明をします。

 

ロマネスコとは

アブラナ科アブラナ属の一年生植物。カリフラワーの一種です。

別名「黄緑サンゴ」「カリブロ」「カリッコリー」などともいいます。

画像を見た方が早いので載せておきます(笑)
romanesuko1 150x150 ロマネスコ 種まき 育て方 調理方法まとめてみました。

 

 

 

 

こんな野菜です。

画像で見てわかる通り形がとても変わっています。

中央の花雷が特徴的ですよね。

 

こんな変わった形の「ロマネシコ」はヨーロッパでは一般的な食材です。

ロマネスコはカリフラワーとブロッコリーの交配種と言われています。

ですが、カリフラワーやブロッコリーよりも昔からあるという話もあります。

本当の真実はどちらなんでしょうね(笑)

 

種のまき方

 

一般的には種蒔きの時期は7~9月です。

冷涼地などでは5月~6月がオススメです。

全体的には5月~8月の間で種蒔きをしましょう。

そこまで神経質になる必要はありません。
ポットに種をまくか

卵のパックに種を蒔くなんてやりかたもあります。

でも卵のパックに種を蒔いても目がでて大きくなったらポットに移さなければいけないので

最初からポットに種を蒔くのをおすすめします。

スポンサードリンク

ポットに湿らせた培養土を入れます。

その培養度の上に種を1~3つ入れます。

その上から5ミリほど土をかぶせてください。

これで種蒔きの作業は完了です。

卵のパックに種蒔きされた方は本葉が2~3枚でてきたら

ポットに移して下さい。

 

注意ポイント

虫などに葉を食べられてしまう可能性がありますので

食べられないようにするためにネットをかぶせるなどの対策をすることをおすすめします。

 

 ロマネスコ育て方、栽培方法、害虫、病気からの対策はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る